花

FUSHIGI.COM

コミュニケーションに不安を感じたら、言霊のサポートで乗り切りましょう

言霊で人間関係も良好に

人間関係はトラブルになりやすいです。売り言葉に買い言葉で、思ってもいない言葉が飛び出し、関係が修復不可能になってしまうこともあります。どんなに仲が良くても、そういった事態は突然起こり得ます。だからこそ、日頃から言霊に敬意を払って、言葉を慎重に選んで使っていく必要があるのです。

人間関係の悩みベスト3

no.1

恋愛

好きな人とうまくいかない経験をもつ人は多いです。そんなときは、自分の言動を注意深く振り返ってみることがおすすめです。「好き」「愛している」という言葉が恥ずかしいと思っている人は、要注意かもしれません。愛に関する言霊のエネルギーを使っていないことになるためです。

no.2

友情

ひどい言葉で友人を傷つけていませんか?悪いと思ったらすぐに「ごめんさない」と謝りましょう。そして「ありがとう」と感謝の言葉を続けます。「親しき仲にも礼儀あり」ということわざがあるように、親友だからといって、なんでも言い合ってもいいわけではありません。節度が大切です。

no.3

親子

内弁慶タイプの人は、ついつい家族に暴言を吐いてしまいがちです。家庭の平和は、人間関係の基本ともなりますが、家族間でも言葉使いに注意をしなくてはいけません。乱暴な言葉はもちろん、悪口もタブーです。家族だからこそ、気持ちのよい言葉を使いましょう。

人付き合いに効果あり

手相

トラウマになる

言葉はときに肉体的な暴力以上の脅威になります。相手の心に刺さって、何年も何十年も傷つけてしまうのです。呪縛的な言霊の例になります。

勇気がでる

「がんばれ」という言葉は、相手を励ます思いが言霊となって浸透しているものです。非常に強力な言葉となりますので、パワーがある人に対しては、相乗効果で力をさらに発揮させることができます。

逆効果になることも

しかし、「がんばれ」という言葉は強力だからこそ、弱っている人やピンチの人に向けて発することは、逆効果になる場合もあります。受け止めることができないのです。相手によって使い分ける必要があります。

敬意を払う

人は誰でも承認欲求があるものです。相手のことを認め、敬意を払って接することができれば、遅かれ早かれ人間関係のトラブルからも解放されるはずです。言霊の力を信じて、自分が変わっていくことから始めていきましょう。

広告募集中