花

FUSHIGI.COM

言葉の使い方に気をつければ、良い言霊の影響を受けることができます

エネルギーをうまく使う

占い師

感謝する

「ありがとう」という言葉は魔法の言葉ともいわれるほど、言霊的には良いエネルギーに満ち溢れた言葉になります。できるだけ「ありがとう」という言葉を発していきましょう。

思うだけでもいい

言葉が発せない状況であれば、感謝の思いを念じるだけでも効果があります。大切なのは言葉ですが、さらに突き詰めれば、その言葉の意味や背景が重要になります。常に「ありがとう」という気持ちで過ごすことが、幸せを呼び込むための大きなポイントになります。

悪口は言わない

このような効果は、感謝や幸せといった明るく前向きな未来のベクトルとは真逆のベクトルに対しても、同様のパワーを発揮させます。つまり、呪いや不幸といった暗くて悪い方向性です。人の悪口やウワサ話、不平不満ばかりを口にしていると、そうしたネガティブなエネルギーをどんどん引き寄せてしまいます。悪循環が生まれてしまうのです。

気づきが大切

言霊は、単に非科学的なものだと決めつけて、片づけない方がいいです。言葉は思想になり、思想がその人間を形づくります。人格形成で最も根元的で重要なファクターとなるのが、言葉なのです。人格者のまわりには、いろいろな人が集まりサポートをしてくれるでしょう。好循環が生まれ、人生が鮮やかに輝きだすのです。こうした世の中のことわりに気づいたときに、すぐに行動を起こせるかどうかが大切です。逃げずに試していくといいでしょう。

占いを利用する

自分一人だけの力で自分自身を変えていくことは困難です。家族や友人、小説や漫画などさまざまな世界の力を借りて、運命をよいものに変えていこうとする努力が大切です。ときには、スピリチュアルな世界の力を借りるのもよい方法です。いにしえの時代からさまざまな法則や経験則に基づいた集合知である占いには、侮れない大きなパワーがあるのです。

広告募集中